FP3級【きんざい:個人資産】2019年9月【問6】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.6

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2019年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

最後に、Mさんは、「一般NISA」および「つみたてNISA」についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「X社株式を購入する場合は、一般NISAを利用してください。つみたてNISAでは、上場株式を購入することができません」
2) 「つみたてNISAでは、対象銘柄を指定したうえで、累積投資契約に基づく定期かつ継続的な買付けを行います。非課税投資枠は年間40万円、非課税期間は最長20年となります」
3) 「一般NISAとつみたてNISAは、同一年中において、併用して新規投資等に利用することができます。なお、一般NISAの非課税投資枠は年間120万円です」

3が不適切

一般NISAとつみたてNISAは併用できません。

つみたてNISA

対象商品は

  1. 長期、積立、分散に適した公募株式投資信託
  2. ETF(上場投資信託)

の2つです。

完全に余談ですが調べると『株式+REIT』をセットにした逃げ道もありますね。

単品じゃなければREITもオッケーみたいです(笑)

michi

 

ちょっと休憩しましょう。

休憩中

では続きです。

問7へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001