FP3級【きんざい:個人資産】2019年9月【問4】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2019年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

はじめに、Mさんは、X社株式の投資指標について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「<X社に関する資料>から算出されるX社のPER(株価収益率)は、11.20倍となります。一般に、PERが高いほうが株価は割高、低いほうが株価は割安と判断されます」
2) 「<X社に関する資料>から算出されるX社のPBR(株価純資産倍率)は、1.40倍となります。一般に、PBRが高いほうが株価は割安、低いほうが株価は割高と判断されます」
3) 「一般に、PERの高い銘柄は今後の高い利益成長が期待されているとも考えられます。なお、PERやPBR等の投資指標の数値のみで株価の割高・割安を判断することは、必ずしも適切ではない場合があることをご理解ください」

2が不適切

PER、PBR共に高い方が株価は割高、低い方が株価は割安と判断されます。

PER、PBRの求め方

資料から

  • 純利益300億円(PERに関連)
  • 純資産2,400億円(PBRに関連)

と分かります。

 

PER、PBR共に1株当たりの数値を求めるので上記を発行済株式数で割ります。

よって

  • 300億円÷8,000万株=375円(1株当たりの純利益)
  • 2,400億円÷8,000万株=3,000円(1株あたりの純資産)

になります。

 

株価が4,200円なのでそれぞれ計算すると

PER

  • 4,200円÷375円=11.2倍

PBR

  • 4,200円÷3,000=1.4倍

です。

ちなみに私は

PERをE=Earningsなので、『稼ぐ=利益』

PBRはもう1つの方

とムリヤリ覚えてました(笑)

michi

問5へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001