FP3級【きんざい:個人資産】2019年9月【問5】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2019年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

次に、Mさんは、Y投資信託について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「TOPIXは、東証株価指数と言われる株価指数です。東京証券取引所市場第一部および第二部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とする株価指数で、株価水準の高い銘柄(値がさ株)の値動きの影響を受けやすいという特徴があります」
  2. 「購入時手数料はありませんが、運用管理費用(信託報酬)の負担があります。一般に、運用管理費用(信託報酬)は、Y投資信託のようなインデックス型の投資信託のほうがアクティブ運用の投資信託よりも低いという特徴があります」
  3. 「つみたてNISAの対象となる投資信託は、Y投資信託のようなインデックス型の投資信託に限定されており、アクティブ運用の投資信託は対象となっていません」

2が適切

1の補足

  • 「TOPIXは、東証株価指数と言われる株価指数です。東京証券取引所市場第一部および第二部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とする株価指数で、株価水準の高い銘柄(値がさ株)の値動きの影響を受けやすいという特徴があります」

不適切です。

TOPIXは東証第一部のみを対象としている株価指数です。

おもな株価の指数

  所属部 銘柄数
東証株価指数(TOPIX) 東証一部 全銘柄
日経平均株価 東証一部 代表的な225銘柄
JPX日経インデックス400 東証全体 要件を満たしている400銘柄

2の補足

  • 「購入時手数料はありませんが、運用管理費用(信託報酬)の負担があります。一般に、運用管理費用(信託報酬)は、Y投資信託のようなインデックス型の投資信託のほうがアクティブ運用の投資信託よりも低いという特徴があります」

適切です。

michi
michi

運用スタイルを考えると分かりやすいです。

アクティブ運用→指数を上回ることを目的

インデックス運用→指数と連動することが目的


3の補足

  • 「つみたてNISAの対象となる投資信託は、Y投資信託のようなインデックス型の投資信託に限定されており、アクティブ運用の投資信託は対象となっていません」

不適切です。

アクティブ運用の投資信託も対象です。

michi
michi

つみたてNISA対象商品の基準に1つに『信託報酬は一定水準以下』があり、水準以下であればインデックスでもアクティブでも問題ありません。

ちなみに現状でいうと、インデックス型90%、アクティブ型10%くらいの割合で商品が出ています。

つみたてNISAにおける公募株式投資信託のおもな要件

  • 販売手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下
  • 分配頻度が毎月ではないことなど

問6へ