FP3級【きんざい:個人資産】2019年9月【問14】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.14

先に下記の資料をご覧ください。(Q13.14.15で使います)

2019年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問13の資料

Aさんの相続が現時点(2019年9月8日)で開始し、Aさんの相続に係る課税遺産総額(課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額)が2億円であった場合の相続税の総額は、次のうちどれか。
1) 3,750万円
2) 3,900万円
3) 4,600万円

2019年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問14の資料

1が適切

設問の相続遺産は2億円なので、被相続人の妻と長男C、二男Dで法定相続分として分けると

  • 妻→1億円(2分の1)
  • 長男C→5,000万円(4分の1)
  • 二男D→5,000万円(4分の1)

になります。

しかし資料から二男Dはすでに死亡しています。

よって孫G、Hが代襲相続人なので

  • 孫G→2,500万円
  • 孫H→2,500万円

となります。

※法定相続される場合、原則として相続人の子供全員が代襲相続人です。

 

資料に当てはめると

1億円×30%=3,000万円

さらに控除額を引いて

3,000万円-700万=2,300万円が妻の相続税です。

長男C

5,000万円×20%=1,000万円

さらに控除額を引いて

1,000万円-200万=800万円が長男Cの相続税です。

孫G、H

2,500万円×15%=375万円

さらに控除額を引いて

375万円-50万=325万円が1人あたりの相続税です。

よって

  • 孫G→325万円
  • 孫H→325万円

になります。

すべて足すと

2,300万円+800万円+325万円+325万円=3,750万円になり

1が適切です。

問15へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001