FP3級【きんざい:個人資産】2019年5月【問11】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.11

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問10資料

甲土地の売却に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1) 「Aさんが甲土地を譲渡した場合、譲渡所得の金額の計算上、取得費は、父親の相続に係る相続税の課税価格の計算の基礎に算入された金額(相続税評価額)となります」
2) 「Aさんが甲土地を譲渡した場合、譲渡した日の属する年の1月1日において所有期間が5年を超えていますので、当該譲渡による譲渡所得については、長期譲渡所得に区分されます」
3) 「Aさんが甲土地を譲渡した場合、譲渡所得金額が6,000万円以下の部分について、所得税および復興特別所得税10.21%、住民税4%の軽減税率が適用されます」

2が適切

譲渡した年の1月1日時点で所有期間が

  • 5年超→長期
  • 5年以下→短期

もうちょっと分かりやすく言うと、譲渡日から1月1日が6回来れば長期5回以下なら短期です。

指で数えると確実ですよ。

michi

1の補足

相続税評価額ではなく、あくまで購入費用や購入手数料から算出します。

3の補足

本資料Aさんの土地は自己の居住用財産ではないので、軽減税率は適用されません。

 

軽減税率の特例

  1. 自己の居住用財産を譲渡する
  2. 相手が特別な関係に無い(家族とかはNG)
  3. 前年、前々年に本特例および、『特定居住用財産の買い換え特例』『譲渡損失の繰り越し控除の特例』を受けていない
  4. もし住んでいない場合は、住まなくなってから3年目の12月31にまでに譲渡する
  5. 譲渡した年の1月1日時点で、所有期間が10年を超えている

上記すべてを満たす必要があります。

michi

問12へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001