FP2級【きんざい:中小事業主資産】2020年9月【問6】

本記事の内容
『2020年9月実施』FP2級実技試験【中小事業主資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.6

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年9月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問6の資料

Mさんは、Aさんに対して、「非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得および譲渡所得等の非課税措置」(以下、当該非課税口座を「NISA口座」という)の仕組みについて説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「NISA口座の非課税管理勘定に受け入れることができる上場株式等の限度額(非課税枠)は年間120万円であり、その配当金や譲渡益等の非課税期間は、当該非課税管理勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長で7年間です」
  2. 「NISA口座に受け入れた上場株式の配当金を非課税とするためには、配当金の受取方法として株式数比例配分方式を選択する必要があります」
  3. 「NISA口座内の上場株式等の譲渡損失の金額については、確定申告を行うことにより、特定口座内の上場株式等の譲渡益と通算することができます」

①→×

②→○

③→×

①の解説

  • 「NISA口座の非課税管理勘定に受け入れることができる上場株式等の限度額(非課税枠)は年間120万円であり、その配当金や譲渡益等の非課税期間は、当該非課税管理勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長で7年間です」

不適切です。

NISA口座における非課税期間は最長で5年です。

michi
michi

ロールオーバーすることでさらに5年延長可能です。


②の解説

  • 「NISA口座に受け入れた上場株式の配当金を非課税とするためには、配当金の受取方法として株式数比例配分方式を選択する必要があります」

適切です。

配当金の受け取り方法

  配当金 譲渡益 概要
株式数比例配分方式 非課税 非課税 証券口座に配当金が入金される
登録配当金受領口座方式 課税 指定した銀行口座にすべての配当金が入金される
個別銘柄指定方式 個別の保有銘柄ごとに銀行口座を指定する
配当金領収証方式 配当金領収書を金融機関に持参し換金する

③の解説

  • 「NISA口座内の上場株式等の譲渡損失の金額については、確定申告を行うことにより、特定口座内の上場株式等の譲渡益と通算することができます」

不適切です。

NISAにおける損失は他の所得と損益通算できません。


NISAとは

  一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 国内在住の20歳以上の人 国内在住の0歳~19歳
対象商品

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

低リスクで安定性が高い、公募株式投資信託

 

ETF

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

金融機関の変更 不可
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税枠の繰越 不可
払い出し制限 なし 原則3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで払出しができない
michi
michi

2024年から新NISAが始まります。FP試験でもすでに出題されていますので、ポイントを押さえておきましょう。

新NISAのポイント

  • ジュニアNISAは終了
  • 旧NISA→新NISAのロールオーバーが可能
  • 1階部分(年20万円まで)、2階部分(年102万円まで)に非課税投資枠が分かれる
  • 1階部分はつみたてNISAと同じ商品、2階部分は一般NISAとほぼ同じ商品(高レバレッジ投資信託等は除外されました)
  • 新NISAを新規口座開設する人は、1階部分に投資しなければ2階部分に投資できない(限度枠20万円いっぱいにする必要はありません。例えば1万円のみでも問題ありません)
  • 旧NISA口座がある人は2階部分のみの投資が可能
  • 1階部分は5年間の非課税期間終了後につみたてNISAへのロールオーバーが可能(ロールオーバー後は2階部分との併用はできないので、2階部分については課税口座に移さなければなりません)

問7へ

FP2級試験(実技)中小事業主資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001