FP2級【きんざい:生保顧客資産】2021年9月【問12】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【生保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.12

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産談業務問12の資料

Aさんの2021年分の所得税の算出税額を計算した下記の表の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産談業務問12の資料②

①→6,400,000(円)

②→1,010,000(円)

③→480,000(円)

④→252,500(円)

①の説明

  • 6,400,000(円)

本設問のAさんの収入は下記です。

  1. 給与収入
  2. 養老保険の満期保険金
  3. 一時払変額個人年金保険

ここから所得を求めていきましょう。


【給与収入】

まずは給与収入から給与所得を求めましょう。

給与所得の計算式は下記です。

給与収入-給与所得控除=給与所得

給与収入は750万円、給与所得控除は『750万円×10%+110万円=185万円』です。

よって給与所得は下記になります。

750万円-185万円=565万円


【養老保険の満期保険金】 【一時払変額個人年金保険】

残り2つの保険は一時所得の対象です。

一時所得の計算式は下記です。

一時所得に係る総収入-その経費−特別控除金(最高50万円)

michi
michi

別々に計算しないように注意です。一時所得としてまとめて計算します。

数値を当てはめます。

(500万円+500万円)−(400万円+400万円)−50万円=150万円

さらに一時所得が総所得と合算する際には1/2されるので『150万円×1/2=75万円』となります。

よって『565万円+75万円=640万円』がAさんの所得です。


②の説明

  • 1,010,000(円)

長男Cさん(24歳)→38万円

二男Dさん(21歳)→63万円

所得税における扶養控除

年齢 控除額 区分
0歳以上16歳未満 なし  
16歳以上19歳未満 38万円 通常の扶養親族
19歳以上23歳未満 63万円 特定扶養親族
23歳以上70歳未満 38万円 通常の扶養親族
70歳以上で同居 58万円 老人扶養親族
70歳以上で同居以外 48万円 老人扶養親族
michi
michi

扶養控除は3級、2級ともに頻出なので必ず覚えましょう!


③の説明

  • 480,000(円)

所得税の基礎控除額とは

合計所得金額 基礎控除額
2,400万円以下 48万円
2,400万円超2,450万円以下 32万円
2,450万円超2,500万円以下 16万円
2,500万円超 なし

④の説明

  • 252,500(円)

これまでの計算でaが6,400,000円、bが資料より3,000,000円と分かっているのでcは下記になります。

6,400,000円-3,000,000円=3,400,000円

上記金額から速算表を用いて所得税を計算すると下記になります。

3,400,000円×0.2-427,500円=252,500円

問13へ

FP2級試験(実技)生保顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001