FP2級【きんざい:生保顧客資産】2021年9月【問13】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【生保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.13

先に下記の資料をご覧ください。(Q13.14.15で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産談業務問13の資料

Aさんの相続に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な数値を、下記の〈数値群〉のなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「仮に、Aさんの相続が現時点(2021年9月12日)で開始した場合、Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は( ① )万円となります」
  2. 「妻Bさんが自宅の敷地および建物を相続により取得した場合、『小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例』の適用を受けることで、自宅の敷地(相続税評価額1億円)について、相続税の課税価格に算入すべき価額を( ② )万円とすることができます」
  3. 「妻Bさんが受け取る死亡保険金(2,500万円)は、みなし相続財産として相続税の課税対象となりますが、死亡保険金の非課税金額の規定の適用を受けることで、相続税の課税価格に算入される金額は、( ③ )万円となります」
2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産談業務問13の資料②

①→ヘ

②→ホ

③→ハ

①の説明

  • 「仮に、Aさんの相続が現時点(2021年9月12日)で開始した場合、Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は( 4,200 )万円となります」

相続税の基礎控除額を求める計算式は下記です。

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

今回法定相続人は妻Bさん、長女Cさんの2人のため『3,000万円+(600万円×2人)=4,200万円』となります。

michi
michi

図をパッと見ると長女Cさんの配偶者も相続人っぽく感じるので注意です!


②の説明

  • 「妻Bさんが自宅の敷地および建物を相続により取得した場合、『小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例』の適用を受けることで、自宅の敷地(相続税評価額1億円)について、相続税の課税価格に算入すべき価額を( 3,400 )万円とすることができます」

小規模宅地の特例は下記に分類されます。

小規模宅地等の評価減の限度面積と減額割合

  限度面積 減額割合
特定事業用宅地等 400㎡ 80%
貸付事業用宅地等 200㎡ 50%
特定居住用宅地等 330㎡ 80%

今回相続するのはAさんの自宅のため『特定居住用宅地等』となります。

400㎡の場合『330㎡が対象』『残りの70㎡』が対象外なので計算式は下記になります。

軽減される部分→1億円×(1-0.8)×330/400=1,650万円

軽減されない部分→1億円×70/400=1,750万円

上記を足して3,400万円となります。

michi
michi

計算式がよく分からない場合は、まず1億円÷400㎡で1㎡あたりの単価を出して、330㎡を8割減で計算、残りをそのままで計算すると分かりやすいです。


③の説明

  • 「妻Bさんが受け取る死亡保険金(2,500万円)は、みなし相続財産として相続税の課税対象となりますが、死亡保険金の非課税金額の規定の適用を受けることで、相続税の課税価格に算入される金額は、( 1,500 )万円となります」

死亡保険金には非課税限度枠があり、その計算式は下記です。

500万円×法定相続人の数

今回法定相続人は妻Bさん、長女Cさんの2人なので『500万円×2人=1,000万円』が非課税限度枠です。

よって2,500万円-1,000万円=1,500万円が相続税の課税価格に算入される金額となります。

問14へ

FP2級試験(実技)生保顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001