FP2級【きんざい:生保顧客資産】2021年9月【問9】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【生保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.9

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産談業務問9の資料

Mさんは、Aさんに対して、総合福祉団体定期保険の一般的な商品内容等について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「総合福祉団体定期保険は、一般に、従業員の遺族の生活保障を主たる目的としており、法人の役員を被保険者とすることはできません」
  2. 「総合福祉団体定期保険の加入の申込みに際して、一般に、加入予定者の告知や医師による診査が必要となります」
  3. 「総合福祉団体定期保険の保険期間は、一般に、1年から10年の範囲内で、被保険者ごとに設定することができます」

①→×

②→×

③→×

①の説明

  • 「総合福祉団体定期保険は、一般に、従業員の遺族の生活保障を主たる目的としており、法人の役員を被保険者とすることはできません」

不適切です。

役員も被保険者の対象です。


②の説明

  • 「総合福祉団体定期保険の加入の申込みに際して、一般に、加入予定者の告知や医師による診査が必要となります」

不適切です。

告知や医師の診査は必要ありません。


③の説明

  • 「総合福祉団体定期保険の保険期間は、一般に、1年から10年の範囲内で、被保険者ごとに設定することができます」

不適切です。

本保険の契約は1年です(毎年自動更新)


総合福祉団体定期保険とは

保険の目的 遺族の生活保障
契約者 法人
被保険者 役員・従業員
保険金受取人 役員・従業員の遺族 ※高度障害の場合は本人
ヒューマンヴァリュー特約での保険金受取人 法人
保険期間 1年間(自動更新)
備考 告知や医師の診査は必要なし

問10へ

FP2級試験(実技)生保顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001