FP2級【きんざい:生保顧客資産】2021年5月【問8】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級実技試験【生保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.8

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年5月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産相談業務問8の資料

Mさんは、Aさんに対して、《設例》の定期保険について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「当該定期保険の最高解約返戻率は50%以下であるため、支払保険料の全額を損金の額に算入することができます」
  2. 「保険期間中にX社に緊急の資金需要が発生し、契約者貸付制度を利用する場合、当該制度により借り入れることができる金額は、利用時点での既払込保険料相当額が限度となります」
  3. 「当該定期保険をAさんの勇退時に払済終身保険に変更した場合、契約は継続しているため、経理処理の必要はありません」

①→○

②→×

③→×

①の解説

  • 「当該定期保険の最高解約返戻率は50%以下であるため、支払保険料の全額を損金の額に算入することができます」

適切です。

定期保険、第3分野の保険の経理処理一覧

  • 契約者→法人
  • 被保険者→役員、従業員
  • 死亡保険金受取人→法人

において

最高解約返戻率 経理処理
50%以下 全額損金算入
最高解約返戻率 計上期間 資産計上額 取崩期間
50%超70%以下 前半4割 支払い保険料の40% 期間の4分の3経過後から終了日まで
70%超85%以下 支払い保険料の60% 期間の4分の3経過後から終了日まで
85%超 最高解約返戻率となる期間の最終日まで 10年まで支払い保険料×最高解約返戻率の90%

 

11年以降支払い保険料×最高解約返戻率の70%

解約返戻金がもっとも高くなる期間の経過後から終了日まで
michi
michi

定期保険、第3分野の保険の経理処理はややこしいですが、出題率は決して低くありません。

  • 最高解約返戻率の穴埋め
  • 計上期間の『前半4割』
  • 資産計上額の『40%』『60%』

この辺りはしっかり把握しておきましょう!


②の解説

  • 「保険期間中にX社に緊急の資金需要が発生し、契約者貸付制度を利用する場合、当該制度により借り入れることができる金額は、利用時点での既払込保険料相当額が限度となります」

不適切です。

既払込保険料ではなく、解約返戻金相当額が限度となります。

契約者貸付制度とは

  • 解約返戻金をもとに借入額を算出する
  • 保険を継続したまま借り入れができる
  • 借り入れに審査がない
  • 借りたまま満期を迎えると、満期保険金から差し引かれる
  • 借入総額が解約返戻金を上回ると保険が失効する

③の解説

  • 「当該定期保険をAさんの勇退時に払済終身保険に変更した場合、契約は継続しているため、経理処理の必要はありません」

不適切です。

経理処理は必要です。

具体的には変更時の解約返戻金相当額が、それまでに資産計上した前払保険料を上回るときは差額を雑収入、下回るときは差額を雑損失として計上します。

解約返戻金相当額>前払い保険料のとき

借方
貸方
  • 保険積立金→2,500万円
  • 前払保険料→2,000万円
  • 雑収入→500万円

※金額は本設問と関係ありません。

解約返戻金相当額<前払い保険料のとき

借方
貸方
  • 保険積立金→2,000万円
  • 雑損失→500万円
  • 前払保険料→2,500万円

このようになります。

問9へ

FP2級試験(実技)生保顧客資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001