FP3級【学科】2021年5月【問16】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.16

所得税において源泉分離課税の対象となる所得については、他の所得金額と合計せず、分離して税額を計算し、確定申告によりその税額を納める。

②誤り

設問は申告分離課税の説明です。

 

源泉分離課税は他の所得と分離して、その所得から税金を天引きして納税することをいいます。

源泉分離課税の一番の有名どころは利子所得です(税法上は総合課税)

ほかの源泉分離課税の対象を知りたい方はNo.2230 源泉分離課税:国税庁をご覧ください。

michi

所得税の課税方式

内容 確定申告 税率の方式
総合課税 全ての所得を合算 必要 超過累進税率
申告分離課税 個別に課税 必要 個別規定
源泉分離課税 税金が天引きされる 不要 一律

問17へ

 

2021年5月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001