FP3級【学科】2021年5月【問46】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.46

給与所得者が25年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,000万円の支給を受けた場合、所得税における退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、( )となる。

1) {800万円+70万円×(25年-20年)}×1/2 =575万円
2) 800万円+40万円×(25年-20年)=1,000万円
3) 800万円+70万円×(25年-20年)=1,150万円

3が正しい

800万円+70万円×(25年-20年)=1,150万円が適切です。

 

ちなみに①は退職所得の求め方と控除の求め方がごっちゃになってます。②はそもそも計算式が違います。

 

今回のポイントは下記です。

 

  1. 退職所得控除の違い

 

退職所得の控除には下記2つの計算式があります。

退職所得の控除額

勤務年数20年以下 40万円×勤続年数(最低80万円)
勤務年数20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

 

設問より今回は勤続年数25年ですので、退職所得の控除額の計算式は下になります。

 

800万円+70万円×(25年-20年)=1,150万円

 

余談ですがさらに退職所得を求めると下記になります。

(2,000万円-1,150万円)×1/2

 

2分の1はあくまで退職所得を求める時に使うので、混同しないように注意しましょう。

問47へ

 

 

2021年5月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001