FP3級【学科】2021年5月【問42】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.42

投資信託において、企業の将来の売上高や利益の伸び率が市場平均よりも高いなど、成長性があると思われる銘柄に投資する運用手法を、( )という。

1) グロース運用
2) バリュー運用
3) トップダウン・アプローチ

1が正しい

グロース運用が適切です。

資産運用のスタイル

トップダウンアプローチ 経済情勢や金利などのマクロ経済分析により銘柄を決める方法
ボトムアップアプローチ 個別企業の業績を見て銘柄を決める方法
バリュー投資 割安(バリュー)な銘柄に投資する方法
グロース投資 成長性(グロース)のある銘柄に投資する方法

問43へ

 

 

2021年5月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001