FP3級【学科】2021年5月【問48】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.48

所得税において、医療費控除(特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例を除く)の控除額は、その年中に支払った医療費の金額(保険金等により補填される部分の金額を除く)の合計額から、その年分の総所得金額等の合計額の( ① )相当額または( ② )のいずれか低いほうの金額を控除して算出される。

1) ① 5% ② 88,000円
2) ① 5% ② 100,000円
3) ① 10% ② 100,000円

2が正しい

5%、②100,000円が適切です。

医療費控除額の違い

  1. 200万円超→実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補填される金額-10万円
  2. 200万円未満→総所得金額の5%

 

ちなみに88,000円はセルフメディケーション税制の控除額の上限です。

スイッチOTC医薬品の購入代金-12,000円=88,000円まで控除

問49へ

 

 

2021年5月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001