FP3級【学科】2021年5月【問34】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.34

65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、67歳0カ月で老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合、老齢基礎年金の増額率は、( )となる。

1) 12.0%
2) 16.8%
3) 25.2%

2が正しい

16.8%が適切です。

 

本設問のポイントは下記です。

 

  1. 繰り下げ支給の加算額

 

老齢基礎年金を繰り下げ受給したときの加算額は下記です。

 

  • ひと月につき0.7%加算

 

設問は65歳~67歳で2年の繰り下げなので24か月です。

 

計算すると

0.7%×24か月=16.8%が答えとなります。

年金の繰り上げ受給、繰り下げ受給の比較

繰り上げ受給 繰り下げ受給
対象年齢 60歳から65歳になるまでの5年間 65歳から70歳になるまでの5年間
受給額の変化 ひと月につき0.5%減額(最大30%) ひと月につき0.7%増額(最大42%)
条件 基礎年金、厚生年金同時が必須 基礎年金、厚生年金と別々が可能

問35へ

 

 

2021年5月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001