FP3級【学科】2021年5月【問36】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.36

ソルベンシー・マージン比率は、保険会社が、通常の予測を超えて発生するリスクに対し、保険金等の支払余力をどの程度有するかを示す指標であり、この値が( )を下回ると、監督当局による早期是正措置の対象となる。

1) 200%
2) 250%
3) 300%

1が正しい

200%が適切です。

ソルベンシー・マージン比率の計算式

ソルベンシー・マージン総額÷(リスクに対応する合計額÷2)×100

ソルベンシー・マージン総額とは保険会社の自己資本の額のことです。

ちなみにソルベンシーの意味は財務健全性、支払い能力などです。

michi

問37へ

 

 

2021年5月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001