FP3級【日本FP協会実技】2021年1月【問16】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年1月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.16

飯田恵子さんは、夫から居住用不動産の贈与を受けた。恵子さんは、この居住用不動産の贈与について、贈与税の配偶者控除の適用を受けることを検討しており、FPで税理士でもある川久保さんに相談をした。この相談に対する川久保さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

[川久保さんの回答]
「贈与税の配偶者控除を受けるためには、贈与があった日において、配偶者との婚姻期間が( ア )年以上あること等の所定の要件を満たす必要があります。また、贈与税の配偶者控除の額は、最高( イ )万円です。」

1.(ア)10 (イ)2,000
2.(ア)20 (イ)2,000
3.(ア)20 (イ)2,500

2が適切

  • 配偶者との婚姻期間→20年
  • 贈与税の配偶者控除の額→最高2,000万円

上記が適切です。

 

贈与税の配偶者控除について

  • 居住用不動産、購入資金のみ適用される
  • 最高2,000万円まで
  • 基礎控除110万円も別に受けられる
  • 婚姻期間が20年以上(内縁関係は不可)
  • 贈与の年の翌年の3月15日までに居住し、住み続ける必要がある
  • 同じ配偶者からは1回きりしか受けられない
  • 贈与税額がゼロであっても確定申告が必要

相続時精算課税制度の2,500万円と間違えやすいので注意しましょう!

michi

問17へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072