FP3級【日本FP協会実技】2021年1月【問3】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年1月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.3

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、空欄(ア)の解答に当たっては、小数点以下第2位を四捨五入するものとする。

2021年1月実施FP3級実技試験第3問の資料

・ この企業の株価が5,500円である場合、2020年12月期の連結業績予想におけるPER(株価収益率)は( ア )倍である。
・ この企業の2020年12月期の連結決算予想では、配当性向(連結)は前期より( イ )している。

1.(ア)21.3 (イ)上昇
2.(ア)24.0 (イ)上昇
3.(ア)24.0 (イ)低下

2が適切

(ア)の補足

答えは24.0倍です。

 

今回のポイントは下記です。

  1. PERの求め方
  2. 2020年の当期純利益

 

【ポイント1】

PERの求め方は下記です。

  • 株価÷1株当たりの純利益

 

下記との違いを明確にしましょう。

株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 税引き後純利益÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向 配当金総額÷税引き後純利益×100

 

【ポイント2】

資料より2020年12月期の連結業績用の中の1株当たりの当期純利益は下記です。

  • 第2四半期→129.38円
  • 通期→229.59円

 

PERを求める当期純利益とは1年間で株主にもたらされる利益のことです。

 

よって使う値は229.59円となります。

 

計算すると

5,500円÷229.59円=23.955747≒24.0

となります。

 

ちなみに四半期とは1年を4つに分けた期間でして、一般的には下記です。

第1四半期 4月~6月
第2四半期 7月~9月
第3四半期 10月~12月
第4四半期 1月~3月
(イ)の補足

答えは上昇です。

 

ここでのポイントは下記。

  1. 前期(2019年12月期)の配当性向と今期の予想

 

資料を見ると下記が分かります。

配当性向
前期(2019年12月期) 47.9%
今期(2020年12月期) 50.1%

 

よって上昇予定なのが分かります。

問4へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072