FP3級過去問題の解説【実技:保険顧客】きんざい2021年1月

本記事の内容
『2021年1月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】
学科試験はコチラ。
きんざい実技試験:個人資産相談業務はコチラ。
日本FP協会実技試験はコチラ。
michi
michi

がんばっていきましょう!

Q.1

3択問題です。

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問1の資料

はじめに、Mさんは、Aさんが現時点(2021年1月24日)において死亡した場合に妻Bさんが受給することができる遺族基礎年金の年金額(2020年度価額)を試算した。Mさんが試算した遺族基礎年金の年金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1.  781,700円+224,900円+75,000円+75,000円=1,156,600円
  2.  781,700円+224,900円+224,900円+75,000円=1,306,500円
  3.  781,700円+224,900円+224,900円+224,900円=1,456,400円

2が適切

781,700円+224,900円+224,900円+75,000円=1,306,500円が適切です。

配偶者と子がいる場合の遺族基礎年金の受給要件は下記です。

遺族の範囲 死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者、または子
給付額 老齢基礎年金と同じ金額
子の加算 2人目まで→224,900円(令和2年度)
3人目以降75,000円(令和2年度)

ちなみに遺族給付における『子』とは下記を意味します。

  • 18歳到達年度末日までの子。
  • 20歳未満で障害等級1級または2級の障害状態にある子。
  • 婚姻していないこと。

資料より長女Cさん、次女Dさん、三女Eさんは『子』の条件に当てはまります。

よって今回の遺族基礎年金は 781,700円+224,900円+224,900円+75,000円=1,306,500円 となります。

問2へ

Q1Q2Q3Q4Q5
Q6Q7Q8Q9Q10
Q11Q12Q13Q14Q15

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001