FP3級【日本FP協会実技】2021年1月【問12】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年1月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.12

長岡さんが2020年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、長岡さんの2020年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、長岡さんの2020年分の所得は給与所得600万円のみであり、支払った医療費等はすべて長岡さんおよび生計を一にする妻のために支払ったもので、保険金等で補てんされたものはない。また、医療費控除の金額が最も大きくなるよう計算すること。

2021年1月実施FP3級実技試験第12問の資料

1. 103,000円
2. 95,000円
3. 70,000円

3が適切

正しい医療費控除額は70,000円です。

 

今回のポイントは下記。

 

  1. 医療費控除の対象
  2. 長岡さんの所得
  3. じっさいの計算

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

本設問の医療費控除対象は入院代の170,000円のみです。

おもな医療費控除の対象

  • 医師または歯科医師による診療、治療の対価
  • 治療または療養に必要な医薬品の購入の対価
  • 入院費用
  • 公共交通機関の料金
  • 義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯、眼鏡などの購入費用

かなり細かいので詳しくはNo.1122 医療費控除の対象となる医療費:国税庁をご覧ください。

 

【ポイント2】

設問より長岡さんの所得は600万円です。

 

所得での控除額の違いは下記。

  1. 200万円超→実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補填される金額-10万円
  2. 200万円未満→総所得金額の5%

 

よって計算式は1を使います。

 

【ポイント3】

じっさいの計算は下記です。

 

医療費控除対象費用 170,000円
保険金等補填された金額 0円

 

よって

170,000円-0円-100,000円=70,000円が医療費控除の金額です。

問13へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072