FP3級【日本FP協会実技】2021年1月【問19】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年1月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.19

先に下記の資料をご覧ください。(Q17.18.19.20で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験第19問の資料①

将大さんは、病気やケガで働けなくなった場合、健康保険からどのような給付が受けられるのか、FPの福岡さんに質問をした。福岡さんが行った健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険)の傷病手当金に関する次の回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<福岡さんの回答>
「傷病手当金は病気やケガの療養のため、会社を休んだ日が( ア )日間続いた後( イ )日目以降休業して賃金が受けられない日について、休業1日につき、支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額の平均額を30で除した額の3分の2相当額が支給されます。」

1.(ア)2 (イ)3
2.(ア)3 (イ)4
3.(ア)4 (イ)5

2が適切

会社を休んだ日が3日間続いた後4日目以降が適切です。

傷病手当金とは

待期期間 連続して会社を休んだ3日間
最長期間 1年6か月
1日あたりの支給額 支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額の平均÷30日×3分の2

問20へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072