FP3級【日本FP協会実技】2021年1月【問7】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年1月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.7

米田さんは、下記<資料>の物件の購入を検討している。この物件の購入金額(消費税を含んだ金額)として正しいものはどれか。なお、<資料>に記載されている金額は消費税を除いた金額であり、消費税率は10%として計算すること。また、売買に係る諸経費については一切考慮しないこととする。

2021年1月実施FP3級実技試験第7問の資料

1. 5,750万円
2. 5,800万円
3. 6,050万円

1が適切

建物の価格が2,750万円、土地の価格が3,000万円です。

 

今回のポイントは下記です。

  1. 土地に消費税はかからない
  2. じっさいの計算

 

【ポイント1】

土地の売買に関しては消費税はかかりません。

 

不動産売買においてかかる税金

土地 建物
印紙税
登録免許税
不動産取得税
消費税 〇(個人間取引なら無税)

 

【ポイント2】

じっさいの計算式は下記です。

(2,500万円×消費税10%)+3,000万円=5,750万円が答えとなります。

 

問8へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072