FP3級【日本FP協会実技】2021年1月【問11】

本記事の内容
『2021年1月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.11

会社員の室井さんは、2020年中に勤務先を定年退職した。室井さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、室井さんの所得税に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、室井さんは役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。また、前年以前に受け取った退職金はないものとする。

2021年1月実施FP3級実技試験第11問の資料
  1.  2,440万円
  2.  2,060万円
  3.  1,220万円

3が適切

所得税に係る退職所得の金額は1,220万円です。

今回のポイントは下記です。

  1. 退職所得控除の求め方
  2. 退職所得の計算

順に見ていきましょう。


1の解説

  • 退職所得控除の求め方

退職所得控除の計算式は2つありますが、設問より勤続年数が38年と分かりますので20年超を使います。

よって『800万円+70万円×(38年-20年)=2,060万円』が退職所得控除です。

注意

試験によっては3級でも求め方の計算式が与えられない場合があります。本資料の2つはしっかり覚えておきましょう。

また今回の設問とは関係ないですが、1か月単位はすべて繰り上げです。例えば27年1か月だとしたら28年扱いになります。


2の解説

  • 退職所得の計算

退職所得の計算式は下記です。

退職所得の計算式

(退職金-退職所得控除)×1/2

よって『(4,500万円-2,060万円)×1/2=1,220万円』が退職所得となります。

michi
michi

1/2を忘れずに!

問12へ