FP3級【きんざい:保険顧客】2021年1月【問6】

本記事の内容
『2021年1月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.6

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問6の資料

最後に、Mさんは、全国健康保険協会管掌健康保険の高額療養費制度について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

「Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、原則として( ① )割となりますが、( ② )内に、医療機関等に支払った医療費の一部負担金等の額が自己負担限度額を超えた場合、所定の手続により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。
この一部負担金等の合計には、差額ベッド代、入院時の食事代、先進医療に係る費用等は含まれず、70歳未満の者の場合、原則として、医療機関ごとに、入院・外来、医科・歯科別に一部負担金等が( ③ )円以上のものが計算対象となります」

  1. ① 1 ② 同一月 ③ 12,000
  2. ① 3 ② 同一年 ③ 12,000
  3. ① 3 ② 同一月 ③ 21,000

3が適切

1の補足

  • Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、原則として( 3 )割となりますが

医療費の一部負担(自己負担)割合について

  一般、低所得者 現役並み所得者
75歳以上 1割負担 3割負担
70歳以上75歳未満 2割負担 3割負担
6歳以上70歳未満 3割負担
6歳未満 2割負担

2の補足

  • 同一月 )内に、医療機関等に支払った医療費の一部負担金等の額が自己負担限度額を超えた場合、所定の手続により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。
michi
michi

高額療養費における医療費は月単位で計算します。


3の補足

  • この一部負担金等の合計には、差額ベッド代、入院時の食事代、先進医療に係る費用等は含まれず、70歳未満の者の場合、原則として、医療機関ごとに、入院・外来、医科・歯科別に一部負担金等が( 21,000 )円以上のものが計算対象となります

医療費の世帯合算について

概要
  • 世帯で複数の者が同じ月に医療機関で受診
  • 1人が複数の医療機関で受診
  • 1つの医療機関で入院と外来で受診

このような場合において自己負担額を世帯で合算できます。

70歳以上 すべて自己負担額を合算できます。
70歳未満 受診者別に1ヶ月の自己負担額が21,000円以上のものを合算できます。

問7へ

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001