FP3級【きんざい:個人資産】2019年5月【問5】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問4資料

Mさんは、《設例》の米ドル建定期預金の課税関係について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
1) 「Aさんが受け取る利子は、利子所得として源泉分離課税の対象となり、20.315%相当額が源泉徴収等されます」
2) 「仮に、満期時の為替レートが円安ドル高になり、為替差益が生じた場合、当該金額は一時所得として総合課税の対象となります」
3) 「仮に、満期時の為替レートが円高ドル安になり、為替差損が生じた場合、当該損失の金額はAさんの不動産所得の金額と損益通算することができます」

1が適切

2の補足

為替差益雑所得で総合課税されます。

3の補足

為替差損雑所得内で相殺可能ですが、他所得との損益通算はできません。

本設問も1が理解できているかがポイントです。

michi

問6へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001