FP3級【きんざい:個人資産】2019年5月【問8】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.8

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問7資料

Aさんの2018年分の所得税における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)「妻Bさんの合計所得金額は( ① )万円を超えていないため、Aさんは配偶者控除の適用を受けることができます。Aさんが適用を受けることができる配偶者控除の控除額は、( ② )万円です」
ⅱ)「Aさんが適用を受けることができる母Cさんに係る扶養控除の控除額は、( ③ )万円です」

1) ① 103 ② 26 ③ 48
2) ① 38 ② 26 ③ 58
3) ① 103 ② 13 ③ 63

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問8資料

2が適切

2020年1月1日以降

①は38万円→48万円に変わりました。

本設問は内容が古く、①に関しては適切な答えが出せません。

michi

①の補足

所得収入を間違えないようにしましょう。

所得=収入ー経費(一般的には所得控除額)

ちなみに2020年現在、給与収入162万5千円以下であれば所得控除額は『55万円』です。

②の補足

夫の所得が930万円なので表と照らし合わせれば

26万円と分かります。

③の補足
年齢 控除額 区分
0歳以上16歳未満 なし
16歳以上19歳未満 38万円 通常の扶養親族
19歳以上23歳未満 63万円 特定扶養親族
23歳以上70歳未満 38万円 通常の扶養親族
70歳以上で同居 58万円 老人扶養親族
70歳以上で同居以外 48万円 老人扶養親族

扶養控除の額は良く試験に出ます。

特に

  • 16歳未満は控除されない
  • 19歳以上23歳未満の63万円

は多いです。

michi

問9へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001