FP3級【きんざい:個人資産】2019年5月【問10】

本記事の内容
『2019年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.10

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問10資料

甲土地に賃貸マンション(耐火建築物)を建築する場合の①建蔽率の上限となる建築面積と②容積率の上限となる延べ面積の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. ① 360㎡ ② 1,296㎡
  2. ① 400㎡ ② 1,440㎡
  3. ① 400㎡ ② 1,600㎡

2が適切

1の補足

  • 400㎡

前提として指定建蔽率80%、かつ防火地域内に耐火建築物を建てた場合、80%→100%になります。

建蔽率の上限となる建築面積の求め方は下記です。

土地の面積×建蔽率

よって計算式は下記になります。

400㎡×100%=400㎡

michi
michi

細かい話をいうと特定行政庁の指定した角地なので10%の緩和もありますが、そもそも100%になってしまっているので、建蔽率において本設問ではあまり意味がありません。

また前面道路の幅員が4m以上なので、セットバックがないところもポイントです。(あるとその分面積から差し引かなければならないため)

建ぺい率のおもな緩和条件

  緩和率
特定行政庁の指定する角地に建物を建てる 10%加算

建蔽率80%以外、かつ防火地域内に耐火建築物を建てる

(同等以上の延焼防止性能を持つ建築物も可)

10%加算

建蔽率80%、かつ防火地域内に耐火建築物を建てる

(同等以上の延焼防止性能を持つ建築物も可)

緩和率が100%になる(制限なし)
準防火地域に耐火建築物または準耐火建築物を建てる 10%加算

2の補足

  • 1,440㎡

前提として前面道路の幅員が12m未満の場合下記で少ない方を利用します。

  • 指定容積率
  • 前面道路の幅員に対する容積率の制限

それぞれ計算します。

指定容積率 400%
前面道路の幅員に対する容積率の制限 6m×6/10=3.6=360%

上記をふまえた上で容積率360%で延べ面積を求めます。

計算式は下記です。

土地の面積×容積率

よって400㎡×3.6【360%】=1,440㎡が延べ面積となります。

問11へ