FP3級【きんざい:個人資産】2019年5月【問9】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.9

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問7資料

Aさんの2018年分の所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 「通常の医療費控除額は、『(その年中に支払った医療費の総額-保険金などで補填される金額)-10万円』の算式により算出します。Aさんが2018年中に支払った医療費の総額が10万円を超えていない場合、医療費控除額は算出されません」
2) 「Aさんが通常の医療費控除の適用を受ける場合、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受けることはできません。どちらか一方を選択して適用を受けることになります」
3) 「通常の医療費控除の対象となる医療費の範囲には、診療等を受けるための公共交通機関(バス・電車等)による通院費は含まれません」

3が不適切

公共交通機関は控除されます。

ちなみに『タクシー利用』はどうしても必要な場合を除いて、控除されません。

michi

 

半分終わったので休憩しましょう。

休憩中

では続きです。

問10へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001