FP3級【きんざい:個人資産】2021年1月【問12】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.12

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問12の資料

Aさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「等価交換方式とは、Aさんが所有する土地の上に、事業者が建設資金を負担してマンション等を建設し、完成した建物の住戸等をAさんと事業者がそれぞれの出資割合に応じて取得する手法です」
2) 「甲土地と乙土地を一体とした土地に賃貸マンションを建築する場合、乙土地単独での有効活用に比べて、上限となる容積率が大きくなります」
3) 「甲土地の前面道路(幅員10mの公道)の相続税路線価は、1㎡当たりの価額が300万円であることを示しています」

3が誤り

1の補足

適切です。

等価交換方式とは

1.全部譲渡方式

デベロッパーに土地を一旦すべて売却し、建物完成後に土地価格に見合う分の土地と建物を得る方式です。

土地所有権を先渡ししてしまうので、建物完成までは権利が無くなってしまいます。

michi

 

 

2.部分譲渡方式

デベロッパーに部分的に土地を売却します。建物完成後の流れは下記です。

 

  • デベロッパー→土地の一部の所有権を得られる
  • 土地所有者→建物の一部の区分所有権を得られる

部分的に売却するので、土地所有権は建物完成前から土地所有者とデベロッパーの共有状態になります。

michi

2の補足

適切です。

設問の場合土地を1つとして考えたとき、面している道路が2つになります。

 

その場合もっとも幅の広いものが採用されるため10mが前面道路の幅員です。

 

計算すると下記になります。

指定容積率 400%
前面道路の幅員による容積率の制限 10m×6/10×100%=600%

 

問10より乙土地単体では容積率は300%です。

 

よって400%の方が大きくなるので、設問は適切となります。

3の補足

不適切です。

路線価における300は300千円の略です。

 

よって300,000円が適切です。

問13へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001