FP3級【きんざい:個人資産】2020年1月【問12】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.12

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問12の資料

現時点(2020年1月26日)において母親Bさんが自宅(甲土地および建物)を売却した場合の課税関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 「所定の要件を満たせば、その所有期間の長短を問わず、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例の適用を受けることができます」
2) 「取得費が不明な場合には、概算取得費として収入金額の5%相当額を取得費とすることができます」
3) 「居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例の適用を受けた場合、課税長期譲渡所得金額の6,000万円以下の部分については、所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%の軽減税率が適用されます」

3が不適切

3の補足

こちらをご覧ください。

所得税(復興特別所得税含む) 住民税
6,000万円以下の部分 10.21% 4%
6,000万円超の部分 15.315% 5%

設問は6,000万円超の部分を言っているので不適切です。

居住用住宅譲渡の3,000万円の特別控除特例はソコソコ出題されるので気を付けましょう。

michi

問13へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001