FP3級【きんざい:個人資産】2020年9月【問15】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.15

先に下記の資料をご覧ください。(Q13.14.15で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問15の資料①

仮に、長男Cさんが暦年課税(各種非課税制度の適用はない)により、2020年中にAさんから現金800万円の贈与を受けた場合の贈与税額は、次のうちどれか。

1) 117万円
2) 150万円
3) 151万円

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問15の資料②

1が適切

117万円が適切です。

 

今回のポイントは下記です。

 

  1. 暦年課税の控除額
  2. 特例贈与財産と一般贈与財産の違い
  3. じっさいの計算

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

暦年課税における控除額は110万円です。

 

【ポイント2】

特例贈与財産と一般贈与財産の違いは下記です。

 

特例贈与財産と一般贈与財産の違い

特例贈与財産 直系尊属からその年の1月1日において20歳以上の直系卑属への贈与
一般贈与財産 上記以外。例えば兄弟間の贈与、叔父叔母からの贈与、その年の1月1日において20歳未満のときなど。

※令和4年1月1日以降の贈与により財産を取得した場合は18歳以上になります。

 

よって資料から長男Cさんは贈与税の速算表の例贈与財産の税率30%を使います。

 

【ポイント3】

1.2をふまえて計算式は下記になります。

 

(800万円-110万円)×30%-90万円=117万円

 

以上で解説は終了です。お疲れ様でした。

解説終了

問1へ戻る

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001