FP3級【きんざい:個人資産】2020年9月【問4】

本記事の内容
『2020年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

Mさんは、X社株式の投資指標について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「X社株式のPBRは、1.33倍です。これは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。一般に、PBRが高いほうが株価は割高、低いほうが株価は割安と判断されます」
  2. 「X社のROEは、12.08%です。これは、自己資本に対する当期純利益の割合を示す指標です。一般に、ROEが高い会社ほど、資産の効率的な活用がなされていると考えることができます」
  3. 「X社株式の配当利回りは、3.75%です。これは、株価に対する1株当たりの年間配当金の割合を示す指標です。配当利回りの高さを基準に銘柄を選択する際には、過去の配当の状況、配当方針、収益の安定性などを考慮することが大切です」

1が不適切

1の補足

  • 「X社株式のPBRは、1.33倍です。これは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。一般に、PBRが高いほうが株価は割高、低いほうが株価は割安と判断されます」

不適切です。

PBRは株価純資産倍率と呼ばれるものでして、株価が1株当たりの純資産の何倍になっているかを示す指標です。

  • PBR→株価純資産倍率(株価が1株当たりの純資産の何倍かを示す指標)
  • PER→株価収益率(株価が1株当たりの純利益の何倍かを示す指標)
michi
michi

高い方が割高、低い方が割安という意味合いは合っています。


2の補足

  • 「X社のROEは、12.08%です。これは、自己資本に対する当期純利益の割合を示す指標です。一般に、ROEが高い会社ほど、資産の効率的な活用がなされていると考えることができます」

適切です。

michi
michi

ただしROEは借り入れなどの他人資本を考慮しないので、借金だらけでも数値は高くなる場合もあります。ROA(総資産利益率)など別の指標も同時に見なければなりません。


3の補足

  • 「X社株式の配当利回りは、3.75%です。これは、株価に対する1株当たりの年間配当金の割合を示す指標です。配当利回りの高さを基準に銘柄を選択する際には、過去の配当の状況、配当方針、収益の安定性などを考慮することが大切です」

適切です。


株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 税引き後純利益÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向

配当金総額÷税引き後純利益×100

1株当たりの配当金÷1株当たりの純利益×100

自己資本比率

自己資本(純資産)÷総資本(負債+純資産)×100

問5へ

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許諾番号: 2101K000001