FP2級【学科】2021年1月【問10】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.10

下記<資料>に基づき算出される中小企業のA社の財務分析に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、変動費は売上原価に等しく、固定費は販売費及び一般管理費に等しいものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

2021年1月実施FP2級学科試験問10の資料

1.A社の売上高営業利益率は、25%である。
2.A社の売上高経常利益率は、30%である。
3.A社の限界利益率は、50%である。
4.A社の損益分岐点売上高は、300百万円である。

4が不適切

1の補足

営業利益とは『本業で得た利益』のことです。

 

営業利益は『売上高-販売費及び一般管理費』で求められます。

(本設問でいう変動費固定費のこと)

 

つまり

(400万円-200万円-100万円)=100万円が営業利益です。

 

営業利益率は

営業利益÷売上高×100で求められるので

100万円÷400万円×100=25%となります。

2の補足

経常利益とは

『本業』+『本業外で得た』利益のことです。

 

よって資料から

経常利益=営業利益+営業外利益になるので

営業利益=100万円(前述から)

営業外利益=30万円(営業外収益)-10万円(営業外費用)=20万円です。

 

経常利益率は

(営業利益+営業外利益)÷売上高×100で求められるので

(100万円+20万円)÷400万円×100=30%です。

3の補足

限界利益とは

売上高-変動費です。

限界利益が高ければ高いほど、利益体質に近づくと考えられます(固定費は別の話として)

4の補足

損益分岐点売上高は

固定費÷{1-(変動費÷売上高)}で求められます。

※この考え方は【図解】損益分岐点とは? わかりやすい考え方、計算方法、手順を解説(外部リンク)をご覧くださいめちゃくちゃよく分かります。

 

よって

100万円÷{1-(200万円÷400万円)}=200万円となり

4が不適切です。

問11へ

 

2021年1月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2021年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001