FP2級【学科】2021年1月【問17】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.17

任意加入の自動車保険(保険期間1年)のノンフリート等級別料率制度に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.自動車同士の衝突によって対人賠償保険および対物賠償保険の保険金が支払われる場合は、3等級ダウン事故となる。
2.人身傷害(補償)保険の保険金のみが支払われる場合は、1等級ダウン事故となる。
3.搭乗者傷害保険の保険金のみが支払われる場合は、等級据え置き事故となる。
4.自動車の盗難により車両保険の保険金のみが支払われる場合は、ノーカウント事故となる。

1が適切

2の補足

人身傷害(補償)保険はノーカウント事故です。

3の補足

搭乗者傷害保険はノーカウント事故です。

  • 等級据え置き事故→来年も同じ等級
  • ノーカウント事故→来年は1等級上がる

なお2012年4月1日から等級据え置き事故制度は廃止されています。

michi

4の補足

車の盗難は1等級ダウン事故です。

ノーカウント事故の代表例
  • 自分に過失がない事故かつ、相手の保険で補償される場合
  • 搭乗者傷害保険事故
  • 無保険車傷害保険事故
  • 人身傷害補償事故
  • 弁護士費用等補償特約事故
  • 原付特約事故
1等級ダウン事故の代表例
  • 火災
  • 盗難
  • 台風、竜巻、洪水、高潮
  • 落書き、窓ガラスの破損
  • いたずら
  • 暴力行為、破壊行為を受けた
  • 飛来中、落下中の物と衝突
3等級ダウン事故の代表例
  • 他人の車とぶつかった
  • 他人にケガをさせた
  • どこかに車をぶつけた
  • 当て逃げ事故

3等級ダウンは自分に過失があるものと考えましょう。

当て逃げだけは例外です。

michi

問18へ

 

2021年1月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2021年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001