FP2級【学科】2021年1月【問52】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.52

贈与税の非課税財産等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.扶養義務者相互間において生活費または教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち、通常必要と認められるものは、贈与税の課税対象とならない。
2.個人から受ける社交上必要と認められる香典や見舞金等の金品で、贈与者と受贈者との関係等に照らして社会通念上相当と認められるものは、贈与税の課税対象とならない。
3.父が所有する土地の名義を無償で子の名義に変更した場合、その土地は、原則として、贈与税の課税対象とならない。
4.相続または遺贈により財産を取得した者が、相続開始の年において被相続人から贈与により取得した財産は、原則として、相続税の課税価格に算入されるため、贈与税の課税対象とならない。

3が不適切

3はみなし贈与財産として贈与税が課税されます。

みなし贈与財産の例

低額譲渡

取引相場に比べて著しく低い価格で財産を譲渡された場合、時価との差額が贈与とみなされる

債務免除

免除された借金の金額が贈与とみなされる

負担付き贈与

負担付き贈与契約を結んでいたのに、実際は負担が無い場合

定期金の権利

個人年金保険で保険料負担者以外が個人年金を受け取る場合など

生命保険金

生命保険の保険料負担者以外の人が生命保険金を受け取った場合

問53へ

 

2021年1月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2021年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001