FP2級【学科】2021年1月【問42】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.42

土地の価格に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.地価公示法による公示価格は、毎年1月1日を標準地の価格判定の基準日としている。
2.都道府県地価調査の基準地の標準価格は、毎年7月1日を価格判定の基準日としている。
3.固定資産税評価額は、原則として、市町村長が固定資産評価基準により決定する。
4.評価替えの基準年度における宅地の固定資産税評価額は、前年の地価公示法による公示価格等の80%を目途として評定されている。

4が不適切

80%ではなく70%です。

公的な土地の価格

公示価格 路線価 固定資産税評価額 基準値標準価格
調査主体 国土交通省 国税庁 市町村※1 都道府県
評価基準日 毎年1月1日 毎年1月1日 3年ごとの1月1日 毎年7月1日
発表時期 3月下旬 7月上旬 3月~4月 9月下旬
価格の水準 80% 70% 100%

※1→東京23区は東京都

問43へ

 

2021年1月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2021年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001