FP2級【きんざい:生保顧客資産】2021年5月【問2】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級実技試験【生保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.2

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2021年5月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産相談業務問2の資料

次に、Mさんは、Aさんに対して、Aさんが受給することができる老齢基礎年金の額および付加年金の額について試算した。《設例》の<Aさん夫妻に関する資料>および下記の<条件>に基づき、下記の計算式の空欄①~③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、年金額は2020年度価額に基づいて計算すること。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

2021年5月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産相談業務問2の資料②

①→781,700(円)

②→445(月)

③→200(円)

①の解説

  • 781,700(円)
michi
michi

ノーヒントなので受験する年度の老齢基礎年金額は覚えておいた方が良いかもしれません。

老齢基礎年金額の推移

  老齢基礎年金額
2021年度(令和3年度) 780,900円
2020年度(令和2年度) 781,700円
2019年度(令和元年度) 780,100円
2018年度(平成30年度) 779,300円
2017年度(平成29年度) 779,300円

②の解説

  • 445(月)

学生納付特例期間は資格期間には反映されますが、年金の受給金額には反映されません。

よって本設問では保険料納付済み期間の205月、保険料納付予定期間の240月を合わせた445月となります。

保険料の猶予制度の違い

  受給資格期間 老齢基礎年金額
法定免除 1/2反映
申請免除 区分によって1/2~7/8反映
学生納付特例制度 ×
納付猶予制度 ×

○→算入される、×→反映されない


③の解説

  • 200(円)
michi
michi

付加保険料の400円と間違えないように注意です。

付加年金とは

付加年金 200円×付加保険料納付期間(月数)
保険料 1か月400円
対象者 第1号被保険者のみ
繰り上げ、繰り下げ受給 老齢基礎年金と同じく減額、あるいは増額されます

問3へ

FP2級試験(実技)生保顧客資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001