FP2級の過去問題の解説【実技試験】日本FP協会2021年5月

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

学科試験はコチラから。

きんざい実技試験:個人資産相談業務はコチラから。

きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務はコチラから。

きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務はコチラから。

きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務はコチラから。

がんばっていきましょう!

michi

Q.1

「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」および「著作権法」に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)個人情報取扱事業者が、本人との契約書を通じて、契約者本人の個人情報を取得する場合、原則として、契約締結前に本人に対し、個人情報の利用目的を明示しなければならない。
(イ)個人情報は、生存する個人が特定できる情報であり、死者の情報は原則として対象外である。
(ウ)著作権の保護に関し、公表された他人の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に自ら作成する部分が「主」で引用部分が「従」でなければならない。
(エ)著作権の保護に関し、生活者向け講演会において、他人の著作物をコピーして教材として使用する場合、参加費が無料であれば著作権者の許諾は必要ない。

(ア)→○

(イ)→○

(ウ)→○

(エ)→×

(ア)の補足

適切です。

(イ)の補足

適切です。

(ウ)の補足

適切です。

(エ)の補足

不適切です。

他人の著作物をコピーして教材として使用する場合は無料であっても著作権者の許諾が必要です。

 

個人情報保護法とは

概要 生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別できるもの。
取得、利用 利用目的を特定して、その範囲で利用する。

利用目的を通知又は公表する。

保管 漏洩等が生じないよう、安全に管理する。

従業者、委託先にも安全管理を徹底する。

提供 第三者に提供する場合は、あらかじめ本人から同意を得る。

第三者に提供した場合、第三者から提供を受けた場合は、一定事項を記録する。

開示請求等への対応 本人から開示等の請求があった場合はこれに対応する。

苦情等に適切、迅速に対応する。

問2へ

 

 

Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8 Q9 Q10
Q11 Q12 Q13 Q14 Q15 Q16 Q17 Q18 Q19 Q20
Q21 Q22 Q23 Q24 Q25 Q26 Q27 Q28 Q29 Q30
Q31 Q32 Q33 Q34 Q35 Q36 Q37 Q38 Q39 Q40

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072