FP2級【きんざい:生保顧客資産】2021年5月【問7】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級実技試験【生保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.7

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年5月実施FP2級実技試験【きんざい】生保顧客資産相談業務問7の資料

仮に、将来X社がAさんに役員退職金4,000万円を支給した場合、Aさんが受け取る役員退職金について、次の①、②を求め、解答用紙に記入しなさい(計算過程の記載は不要)。〈答〉は万円単位とすること。なお、Aさんの役員在任期間(勤続年数)を33年3カ月とし、これ以外に退職手当等の収入はなく、障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。

  1. 退職所得控除額
  2. 退職所得の金額

①→1,780万円

②→1,110万円

①の解説

  • 退職所得控除額

1,780万円が適切です。

退職所得の控除額は下記2ついずれかで求められます。

退職所得の控除額

①勤務年数20年以下 40万円×勤続年数(最低80万円)
②勤務年数20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

Aさんの勤務期間は33年3ヶ月ですが、退職所得における勤続年数の端数(月数以下)はすべて繰り上げです。

よって33年3ヶ月=34年となります。

michi
michi

たとえ33年1ヶ月であっても34年として計算します。

今回は勤続年数20年超なので、計算式の②に当てはめると退職所得控除を求められます。

800万円+70万円×(34年−20年)=1,780万円


②の解説

  • 退職所得の金額

1,110万円が適切です。

退職所得の計算式は下記です。

(退職金-退職所得控除)×1/2

役員退職金は4,000万円なので、退職所得は(4,000万円-1,780万円)×1/2=1,110万円となります。

michi
michi

1/2は忘れやすいので気を付けましょう。

問8へ

FP2級試験(実技)生保顧客資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001