FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問9】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.9

柴田さんは、地震保険についてFPの横川さんに質問をした。地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地震保険は、住宅総合保険などの火災保険契約に付帯して契約する必要はなく、単独で契約することができる。
  2. 地震により、居住用の建物に収容されている家財のうち、1個または1組の価額が30万円を超える骨とう品が損害を受けた場合、地震保険の補償の対象となる。
  3. 噴火により、居住用の建物が大半損となった場合、地震保険の補償の対象となる。

3が適切

1の解説

  • 地震保険は、住宅総合保険などの火災保険契約に付帯して契約する必要はなく、単独で契約することができる。

不適切です。

地震保険は火災保険に付帯する契約なので、火災保険に加入していなければなりません。


2の解説

  • 地震により、居住用の建物に収容されている家財のうち、1個または1組の価額が30万円を超える骨とう品が損害を受けた場合、地震保険の補償の対象となる。

不適切です。

設問の内容は地震保険の対象外です。

地震保険の補償対象外

  • 工場、事務所専用の建物など住居として使用されない建物
  • 1個または1組の価額が30万円超の貴金属、宝石、骨とう品
  • 通貨、有価証券、預貯金証書、印紙、切手
  • 自動車など

3の解説

  • 噴火により、居住用の建物が大半損となった場合、地震保険の補償の対象となる。

適切です。


地震保険とは

加入条件 火災保険の特約
保険料 各損害保険会社で同じ
保険金額 火災保険の30%~50%の金額
上限金額 建物5,000万円、家財1,000万円

問10へ