FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問2】

本記事の内容

FP3級実技試験『2019年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.2

下記は、広尾家のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表の空欄(ア)~(ウ)に入る数値とその求め方として、最も適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用し、計算結果は万円未満を四捨五入すること。

2019年9月実施FP3級実技試験第2問の資料

※年齢および金融資産残高は各年12月31日現在のものとし、2019年を基準年とする。
※給与収入は可処分所得で記載している。
※記載されている数値は正しいものとする。
※問題作成の都合上、一部空欄としてある。

1.空欄(ア):「176×(1+0.01)2≒180」
2.空欄(イ):「377-450=▲73」
3.空欄(ウ):「(327+51)×(1+0.01)≒382」

変動率に注意しましょう。

1が適切

(ア)の補足

基本生活費176万円の1%が2年変動するので

176×(1+0.01)=177.76(1年後)

177.76×(1+0.01)=179.53(2年後)≒180

よって1は適切です。

(イ)の補足

年間収支は収入合計ー支出合計なので

450-377=73

よって2は不適切です。

(ウ)の補足

金融資産残高は1%の変動率なので

327×(1+0.01)=330.27≒330

さらに年間収支が51万円プラスなので

330+51≒381

よって3は不適切です。

3のままだと年間収支も1%の変動率になってしまいますね。

michi

問3へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072