FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問19】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.19

先に下記の資料をご覧ください。(Q16.17.18.19.20で使います)

2019年9月実施FP3級実技試験第16問の資料

誠さんは、個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という)について、FPの藤原さんに質問をした。iDeCoに関する藤原さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「国民年金の第3号被保険者である陽子さんは、iDeCoの加入対象者となります。」
  2. 「iDeCoに加入した場合、支払った掛金は、生命保険料控除として所得控除の対象となります。」
  3. 「受給権が発生する年齢に到達すると、老齢給付金は年金として受け取ることができるほか、一時金として受け取ることもできます。」

2が不適切

1の解説

  • 「国民年金の第3号被保険者である陽子さんは、iDeCoの加入対象者となります。」

適切です。

個人型確定拠出年金(iDeco)の掛金

種類 月の限度額
第1号被保険者(自営業等) 68,000円
企業年金の無い会社員 23,000円
企業型DCのある会社員 20,000円
確定給付企業年金等ある会社員 12,000円
公務員 12,000円
第3号被保険者(専業主婦等) 23,000円

2の解説

  • 「iDeCoに加入した場合、支払った掛金は、生命保険料控除として所得控除の対象となります。」

不適切です。

iDeCoで支払った掛金は小規模企業共済等掛金控除の対象です。

企業年金の控除の種類

企業年金の種類 控除の対象
厚生年金基金 社会保険料控除
確定給付企業年金 生命保険料控除
確定拠出年金(企業型) 小規模企業共済等掛金控除

自営業者などの年金の種類

年金の種類 控除の対象
国民年金基金 社会保険料控除
付加年金 社会保険料控除
小規模企業共済 小規模企業共済等掛金控除
確定拠出年金(個人型) 小規模企業共済等掛金控除

3の解説

  • 「受給権が発生する年齢に到達すると、老齢給付金は年金として受け取ることができるほか、一時金として受け取ることもできます。」

適切です。

確定拠出年金の受け取り方法

種類 概要
年金 確定年金(5~20年で選択)
終身年金(一生涯)
分割取崩年金(5~20年で選択)
一時金 積立金を一括で受け取る
年金または一時金の併用 一部を一時金、残りを年金として受け取る

確定拠出年金とは

  企業型 個人型
対象者 確定拠出年金を導入している企業の従業員 20歳以上60歳未満の人
加入 原則全員 任意
掛金 原則企業が拠出 加入者が拠出
給付方法(年金) 老齢給付(公的年金等に係る雑所得)
給付方法(一時金) 老齢給付(退職所得)
給付方法(その他) 障害給付(非課税)、死亡一時金(相続税)、脱退一時金(一時所得)
掛金 損金算入 小規模企業共済等掛金控除

問20へ