FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問14】

本記事の内容

FP3級実技試験『2019年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.14

大垣康夫さん(30歳)が2019年中に贈与を受けた財産の価額と贈与者は以下のとおりである。康夫さんの2019年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2019年中において、康夫さんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、相続時精算課税制度は選択していないものとする。

・ 康夫さんの父からの贈与 現金450万円
・ 康夫さんの祖母からの贈与 現金100万円
※上記の贈与は、住宅取得等資金や教育資金、結婚・子育てに係る資金の贈与ではない。

2019年9月実施FP3級実技試験第14問の資料

1. 80万円
2. 67万円
3. 58万円

3が適切

設問に相続時精算課税制度は選択しないと書かれているので

暦年贈与です。

 

よって

(贈与された金額の合計ー基礎控除の110万円)に対して課税されます。

さらに康夫さんは30歳なので速算表(イ)を使います。

 

計算式は速算表(イ)から

(450万円+100万円ー110万円)×20%-30万円=58万円になり

3が適切です。

問15へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072