FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問7】

本記事の内容

FP3級実技試験『2019年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.7

土地の登記記録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

2019年9月実施FP3級実技試験第7問の資料

1.土地を最初に取得した者がする所有権保存登記は、(ア)に記録される。
2.土地が売買により取得された場合、買主がする所有権移転登記は、(イ)に記録される。
3.工場を建設する際に、金融機関から融資を受け、土地を担保として抵当権が設定される場合、抵当
権設定登記は、(ウ)に記録される。

1が誤り

所有権の登記は権利部甲区です。

michi

土地の登記記録
  • 表題部→所在、地番、地積などの登記
  • 権利部(甲区)→所有権に関する登記
  • 権利部(乙区)→所有権以外の権利関する登記

問8へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072