FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問10】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.10

自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、加害車両が複数の場合については考慮しないものとする。

1.自動車事故により他人を死亡させた場合、自賠責保険から死亡による損害に対して支払われる保険金の限度額は被害者1名につき3,000万円である。2.自動車事故により他人にケガを負わせた場合、自賠責保険から傷害による損害に対して支払われる
保険金の限度額は被害者1名につき120万円である。
3.自動車事故により他人に後遺障害を負わせた場合、自賠責保険から後遺障害による損害に対して支払われる保険金の限度額は被害者1名につき障害等級に応じて最高2,000万円である。

3が不適切

後遺障害による損害は最高4,000万円です。

自賠責保険の支払い限度額

損害の内容 支払い限度額
死亡 1名につき3,000万円
死亡にいたるまでの障害 1名につき120万円
傷害 1名につき120万円
後遺障害 1名につき75万円~4,000万円

 

いったん休憩してくださいね。

FP3級【日本FP協会実技】2020年9月の過去問解説半分終了

続きます。

問11へ

 

続けて2020年9月学科試験を解きたい。

続けて2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

続けて2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072