FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問12】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.12

宮本さんは、20年前に購入し、現在居住している自宅の土地および建物を売却する予定である。売却に係る状況が下記<資料>のとおりである場合、所得税における課税長期譲渡所得の金額として、正しいものはどれか。

<資料>

・ 譲渡価額(合計):7,000万円
・ 取得費(合計):2,800万円
・ 譲渡費用(合計):200万円
※居住用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例の適用を受けるものとする。
※所得控除は考慮しないものとする。

1. 4,000万円
2. 1,200万円
3. 1,000万円

3が適切

本設問の答えは1,000万円です。

 

今回のポイントは下記。

  1. 居住用財産を譲渡したときの3,000万円特別控除の要件
  2. じっさいの計算式

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

居住用財産を譲渡した時の3,000万円特別控除のおもな要件は下記です。

  • 自分が住んでいる家屋を売る、家屋と共にその敷地や借地権を売る
  • 今住んでいない場合は、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売る

じっさいはめちゃくちゃ細かいので、詳しくはNo,3302マイホームを売った時の特例(国税庁)をご覧ください。

 

つまり本設問は要件を満たしています。

 

【ポイント2】

じっさいの計算式は下記です。

譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除=長期譲渡所得

よって7,000万円-(2,800万円+200万円)-3,000万円=1,000万円が答えとなります。

問13へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072