FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問7】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.7

下記は、不動産の取得および保有に係る税金についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

2020年9月実施FP3級実技試験第7問の資料

1.(ア)贈与 (イ)相続税評価額 (ウ)市町村(東京23区は東京都)
2.(ア)相続 (イ)固定資産税評価額 (ウ)市町村(東京23区は東京都)
3.(ア)贈与 (イ)固定資産税評価額 (ウ)都道府県

2が適切

(ア)の補足

不動産取得税は相続で不動産を取得した場合非課税です。

 

不動産取得税が非課税になる場合

  • 相続
  • 包括遺贈
  • 法人の合併、分割

 

逆に特定遺贈の場合は不動産取得税がかかります。

  • 包括遺贈→財産だけでなく負債も贈与されるため、おいしいとこどりができないので非課税
  • 特定遺贈→ピンポイントで財産を贈与できるため、おいしいとこどりができるので課税されます
(イ)の補足

登録免許税は原則固定資産税評価額が課税標準です。

ちなみに抵当権設定登記の場合は、債権金額が課税標準になります。

michi

(ウ)の補足

固定資産税の課税主体は市町村(東京23区は東京都)です。

問8へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072