FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問14】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.14

下記は、普通方式による遺言の特徴等についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、問題作成の都合上、表の一部を空欄(***)としている。

2020年9月実施FP3級実技試験第14問の資料

1.(ア)15 (イ)2人以上 (ウ)不要
2.(ア)15 (イ)3人以上 (ウ)不要
3.(ア)20 (イ)2人以上 (ウ)必要

1が適切

遺言とは

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
遺言可能条件 15歳以上、かつ意思能力がある
証人 不要 2人以上必要(注1)
検認場所 家庭裁判所 不要 家庭裁判所

(注1)未成年、推定相続人、受遺者とその配偶者、直系血族、公証人の配偶者、4親等内の親族、書記、雇人は証人になれません。

問15へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072