FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問15】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.15

FPで税理士でもある長谷川さんは、山田周平さん(67歳)から相続時精算課税制度に関する相談を受けた。周平さんからの相談内容に関する記録は、下記<資料>のとおりである。この相談に対する長谷川さんの回答の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

2020年9月実施FP3級実技試験第15問の資料

1.(ア)65 (イ)2,000 (ウ)20
2.(ア)60 (イ)2,500 (ウ)20
3.(ア)65 (イ)2,500 (ウ)10

2が適切

相続時課税精算制度とは

要件
税務署への届け出 贈与年の翌年2月1日から3月15日まで
贈与者 贈与年の1月1日時点で60歳以上の父母、祖父母であること
受贈者 贈与年の1月1日時点で20歳以上の推定相続人である子、孫であること
対象 贈与者1人につき2,500万円まで非課税、超えた分は一律20%の税率

相続時課税精算制度はほぼ毎回出題されるので、必ず覚えましょう!

michi

問16へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072