FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問17】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.17

先に下記の資料をご覧ください。(Q16.17.18.19.20で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験第17問の資料

秀則さんは、今後15年間で毎年36万円ずつ積立貯蓄をして、老後の資金準備をしたいと考えている。積立期間中に年利2.0%で複利運用できるものとした場合、15年後の積立金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、解答に当たっては、千円未満を四捨五入すること。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。

2020年9月実施FP3級実技試験第17問の資料②

1. 7,268,000円
2. 6,225,000円
3. 4,626,000円

2が適切

本設問の答えは6,225,000円です。

 

今回のポイントは2つです。

  1. 使用する係数は年金終価係数
  2. 係数が分からなくてもオッケー

 

【ポイント1】

今回使用する係数は年金終価係数

 

『積立というワードが出てきたら下記のどちらかです。

  • 将来受け取る金額を求めるなら→年金終価係数
  • 現在いくら必要かを求めるなら→減債基金係数

 

よって15年後=将来いくらもらえるかを問われているので、年金終価係数を使うと分かります。

 

36万円×17.293=6,225,480≒6,225,000円が答えとなります。

 

【ポイント2】

この手の計算問題は係数の意味が分からなくても正答できます。

 

資料から分かることは下記です。

  • 36万円を15年間毎年積み立てる

つまり36万円×15年で最低でも540万円を超えていなければならないことが分かります。

 

この時点で考えられるのが下記2つ。

  1. 7,268,000円
  2. 6,225,000円

 

そして各係数をそれぞれ計算すると下記になります。

  1. 360,000×1.346=464,560円(現価係数)
  2. 360,000×17.293=6,225,480円≒6,225,000円(年金終価係数)
  3. 360,000×12.849=4,625,640円≒4,626,000円(年金現価係数)

 

よって答えは2であることが分かります。

 

キーワード『まとまったお金』
  1. 現価係数→現在いくら必要か?(げんざい)
  2. 終価係数→将来いくらになるか?(しょうらい)
キーワード『積立』
  1. 減債基金係数→毎年の積立額はいくらか?(げんざい)
  2. 年金終価係数→積み立て後の金額はいくらか?(しょうらい)
キーワード『年金』
  1. 年金現価係数→現在いくらの元本が必要か?(げんざい)
  2. 資本回収係数→将来いくら受け取れるか?(しょうらい)
キーワード『返済』
  1. 年金現価係数→借り入れ可能額はいくらか?(げんざい)
  2. 資本回収係数→毎年の返済額はいくらか?(しょうらい)

問18へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072